トップ > 文芸 エッセイ 人生論 > こころに響く方丈記 鴨長明さんの弾き語り

こころに響く方丈記 鴨長明さんの弾き語り

商品コード : 1M0133
価格 : 1,650円(税込)
木村耕一(著) 黒澤葵(イラスト)
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

内容説明

ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず

誰もが知っている有名な『方丈記』を、大きな文字で、分かりやすく意訳しました。
鴨長明といえば「世捨て人」というのが一般的なイメージですが、実は、琵琶と琴を愛する一流のミュージシャンであり、和歌の名人でもありました。
不幸や災難に遭い、失敗と挫折を繰り返しながらも、前向きに、強く生きた長明の名文には、生きるヒントが満載です。
時代背景もよく分かる解説付き。京の都を描いた美しいイラスト、心が洗われる写真と共に、800年もの間、読み継がれてきた名作古典を、存分に堪能できる1冊です。

 

目次

第1章 川の流れのように
1 川の流れのように、幸せも、悲しみも、時とともに過ぎていきます
2 私たちは願いどおりに、幸せになれるでしょうか
3 ああ、人間は、どこから来て、どこへ去っていくのでしょうか
   
第2章 ある日、突然
4 火災が発生すると、家も財産も、灰になってしまう
5 竜巻に襲われると、全て破壊され、空中へ飛ばされる
6 政治家、権力者の横暴が、社会を大混乱に
7 二年続けて大飢饉に。宝物より、米が高くなる
8 恐ろしい中でも、最も恐ろしいのは地震である

第3章 とかく、人の世は、住みにくい
9 いったい、どこに住んだら、ほんのしばらくでも、心が休まるのでしょうか

第4章 自然の中で、悠々と暮らす
10 「なんて私は、不運なのだろう……」 五十歳で出家を決意
11 理想的な住まい、移動式の「方丈庵」を造る
12 都の南東、日野山へ。阿弥陀如来に、一心に向かう生活
13 ホトトギスやセミの鳴き声にも、世の無常を知らされる
14 一人で演奏し、一人で歌い、我が心を慰め、楽しむ日々
15 山の中での生活は、四季折々の楽しさがある

第5章 形ではなく心を見つめる
16 ヤドカリの教訓 危険なことを、危険と知って対処する
17 貧しく、粗末な生活でも、心は満たされている
18 幸せになれるか、どうかは、「心」一つで決まる
19 魚が水の中にすむ心は、魚でないと分からない
20 一生を謙虚に反省し、前向きに進んでいく

❖ 京都へ行こう! 方丈庵を訪ねて
(現地ルポ)大きな石の上に、方丈庵があったって、本当ですか?

❖ ラストは、長明さんの弾き語り
(鴨長明さんにインタビュー)
・長明さんは、日本の、レオナルド・ダ・ヴィンチみたいですね
・「方丈庵は、日本の美の極致」ドイツの建築家が絶賛
・「震災の記憶が風化しないように……」とは、何を、どのように心がけることなのか
・無常を知らされると、本当の幸せを、前向きに探し始める

❖『方丈記』原文
 

書籍情報

定価 1,500円+税
判型 四六判上製
頁数 200ページ
ISBN 978-4-86626-033-4
発売日 2018.03.12
発行部数 5万部

ページトップへ