トップ > 小説 > 三国志 第2巻 群星の巻
小説 > 三国志 > 三国志 第2巻 群星の巻

三国志 第2巻 群星の巻

商品コード : 1M0102
価格 : 1,650円(税込)
吉川英治(著)
数量
 

かごに入れる すぐに購入

内容説明

三国志の定番、吉川英治の名作を、単行本で大きな活字で味わいたい、という読者の要望に応え、全10巻を順次刊行します。
スケールの大きな構想、美しさ、リズム感、臨場感のある文章は、吉川英治の『三国志』の大きな魅力です。成功し、失敗し、泣き、笑い、苦労する登場人物の姿には、生きるヒントがあふれています。
あの感動を、読みやすい大きな文字でお届けします。


呂布の台頭、曹操の危機
地味で純朴、誠意の塊のような劉玄徳は、功を急がず、悪名を流さず、遠い道を迂回するように生きていく。それは関羽や張飛が、歯がゆく感じるほど、苦難の多い道だった。
これに対し、派手で大胆不敵、手段を選ばずに欲しいものを獲得しようとする男が、曹操である。だが、曹操の生き方も、茨の道であった。何度も絶体絶命のピンチに瀕しながら、こう叫んでいる。
「君は乱世の奸雄だと、かつて予言者がおれにいった。おれは満足して起った。よろしい、天よ、百難をわれに与えよ、奸雄たらずとも、必ず天下の一雄になってみせる」
果たして、どちらの生き方が自分に合うのか、と味わうのも『三国志』の楽しみ方の一つである。

ページトップへ