トップ > 小説 > 『親鸞』第1巻
小説 > 親鸞 > 『親鸞』第1巻

『親鸞』第1巻

商品コード : 1M0091
価格 : 1,650円(税込)
吉川英治(著)
数量
 

かごに入れる すぐに購入

内容説明

『宮本武蔵』『三国志』『新書太閤記』『新・平家物語』など、数々のヒット作を生み出した吉川英治の、小説第一作は、30代に書いた『親鸞記』でした。その後、40代に書き改めたのが、この『親鸞』です。新聞連載の後、中村錦之助主演で映画化され、大ヒットしました。

吉川英治の名作を、文庫本ではなく単行本で、しかも大きな活字で味わいたいという要望に応え、まず『親鸞』全4巻を刊行します。


(1巻のあらすじ)

平家が全盛を誇っていた頃、十八公麿(まつまろ。のちの親鸞聖人)は、京都の藤原家に生まれました。
平安貴族の嫡男でありながら、なぜ、わずか9歳で出家したのか。得度式の前に次の歌を詠んでいます。

明日ありと 思う心の あだ桜
夜半に嵐の 吹かぬものかは

(今を盛りと咲く花も、一陣の嵐で散ってしまいます。人の命は、桜の花よりもはかなきもの……)

比叡山で、範宴と名を改め、仏道修行へ。10年間、どれだけ勉学に励んでも、心に明かりがともらない範宴は、大和へ遊学に向かいました。
久しぶりに下山した京の町は、平家の滅亡とともに変わり果て、人も、社会も、激しい無常の中にいることを知らされるのでした。

ページトップへ